<< らららららじお 5.16 | main | らららららじお 5.23 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2013.03.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『いつか見た流れ星』-

第1章 シロシタマサ

.轡蹈轡織泪機▲團鵐繊

札幌駅の真ん前。
一等地にあるパチンコ店の正面玄関。
『ヘカスヘカス札幌駅前店』と大きく書かれた自動ドアが開いた。

『ヘカスヘ』と『カス札幌駅前店』に分かれたドアから、大音量の音楽と一緒に、シロシタ マサが出てきた。

顔面が蒼白である。



シロシタ マサは『ボンバーマンデー』と書かれたノボリを見て、

「ホント爆死したよ…」

苦々しくつぶやいた。



25日の今日はシロシタマサの給料日だ。

家賃や携帯代など支払いは全て終えたものの、この8万円の負けは、致命的であった。

次の給料日まで残り30日。



残金……852円っ!!



彼の脳裏に浮かび上がる2文字、それは……




……後悔…っっ!!







(あのリーチで当たっていたら…)

(隣の台に座っていたら…)

(そもそもパチンコなんか行かなかったら…)




そんな事ばかり考えながら歩いていた。




途中途中ちょっと泣きそうにもなっていた。

いや…泣いてた…かな?




シロシタ マサ は26歳のフリーターである。

アルバイトでおよそ月に15万円くらいの収入である。

15万円の内の8万円の負けは、まさしく“爆死”の額である。





26歳フリーターというと聞こえが悪いが、それは彼の能力によるものでは決してない。

地元の中学までは、成績はトップクラスだった。
高校で札幌に来てからも、割と上位に位置し、大学もそこそこの大学をストレートで入学・卒業しているのである。

性格は温厚な方で、パチンコも、今回こそ大負けしたが、だいたいいつもは勝っても負けても一万円程度のもんだ。

おしゃべりではないが、聞き上手な方で、顔も特に悪い訳ではない。



ただ、卒業後、何社かの就職に失敗し、何となくそのままいつしか就職活動もしなくなってフリーターになってしまったのだ。





“何となく”


これが彼の癖だった。

勉強も何となくやってみたらそこそこ出来たし、入試も何となく受かった。
人間関係や恋愛においても、特に困難に落ちたこともなく、何となく出来たし、何となく別れてきた。

自ら興味を持ったと言えば、小学校の時のサッカーくらいだろうか。

ただ何故興味を持ったのか、それすら今は思い出せぬくらい、何となくサッカーもやめてしまった。


そして、卒業後、4年間何となくフリーターをして、それでも困った事はなかったのである。





今までは。





そう、今まさに、シロシタに取って最大のピンチを迎えたのである。


残り30日で残金852円!!



シロシタはパニックに陥ってた!


(あの時こうしとけば)


もう、その思考の堂々巡りだった。




彼は地下鉄に乗るのも忘れて、歩いて1時間の道のりを、ほぼそれしか考えずに帰っていた。

「ヤバいよ、ヤバいよ。」

道すがらもう声を出していた。
もう出川だ。




シロシタが気を取り戻したの、家についてしばらくしてからだ。




とりあえず、お金工面をしなきゃいけない。

次のステップへ思考が進んだ。

お金を工面する…つまり借りなければいけない。


“どこから…?”



彼はちょっとだけ冷静に考えてみた。






…ムリだ!
それでなくとも小言が多いし、お金を借りるとなると何を言われるかわかんない。

そもそも今月は、親の保険が満期だとかでお金が貰えたらしく、もうすでにお小遣いを3万円ほどもらっていた。
それをもうパチンコに注ぎ込んだのだ。

怒られるのはイヤだ。




⊂暖饉垓睛

…恐い!
ヤクザとか取り立てられるのとかイヤだな。
何か自分で自分をダメだと証明してるみたいだしな。


M達

…ムリムリ。
恥ずかしい!
ただでさえ、フリーターで肩身狭いのに、お金なんか借りれないよ!

第一、そんな仲良いやついない…




……

……いた。

そう言えばいた。
昔からすごい仲良い幼なじみが。


ここ3年間、劣等感から何となく連絡を避けてたけど、アイツなら何も聞かずにお金を貸してくれるかもしれない。



シロシタはそれからボーっと5時間ほど、その幼なじみについて考えていた。

何度も携帯のアドレス帳で彼の番号を出しては消し出しては消しを繰り返した。




気付いたら翌朝の6時だった。





シロシタは意を決して、幼なじみに電話を掛けるっ!!





……のはちょっぴり勇気がないので、メールをしてみる事にした。




「平日だし、朝早いしね」

シロシタは自分に言い訳をしてメールを送った。



『おはよう!
久しぶり。
元気だったかな?

何か全然連絡とってないなあって思ってメールしてみました。

あ!二年くらい前の合コンの誘いのメール、シカトしてゴメンね。バタバタしててさ!
どうだった?楽しかった?(笑)

連絡マッテマ〜ス!』



携帯画面に

『送信完了』と表示された。


続く…


スポンサーサイト


  • 2013.03.18 Monday
  • -
  • 18:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
堀内君のネーミングセンスは変わってるねぇ。シロシタマサってなんだ?変な名前〜(笑)

幼なじみのお友達がどんな反応を示すか、シロシタは「お金貸して」って言い出せるのか、楽しみです。
( `ー´)ノ
窮地な所からはじまるとは、名前のつけ方がおもしろい。
  • いずみ
  • 2011/06/08 11:57 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」